ハイブリッド イベント

2022年のハイブリッドイベントがより高いROIをもたらす5つの理由

ハイブリッドイベントは、高い関心度、便利なアクセシビリティ、少ない予算、そしてパフォーマンス分析が可能であるという利点で、人気が世界中で非常に高まっている。


ハイブリッドイベントは、高い関心度、便利なアクセシビリティ、少ない予算、そしてパフォーマンス分析が可能であるという利点で、オフラインイベントよりも非常に人気があり、優れたイベント体験が提供されています。ハイブリッドイベントを主催することがどんな点で役に立つのかその理由5つを具体的に紹介していきましょう。

ハイブリッドイベントとは何ですか?

ハイブリッドイベントはオフラインとオンラインを組み合わせたイベントです。また、イベントにはまだ物理的な会場のセットアップがあり、対面形式のネットワーキングセッションを提供しているほか、イベントの主催者は、オンライン参加者間のやり取りとデータの追跡のためにライブストリーミングロジスティクスをセットアップする必要があります。

ハイブリッドイベントのメリット

ハイブリッドイベントは、オフラインイベントと似ているが、バーチャル機能が追加されているため、人気が高まっています。 より多くの参加者にリーチし、エンゲージメントを高め、リアルタイムのデータにアクセスして、迅速な対応とフォローアップできるなどの利点を理解して活用しましょう。

イベント参加者募集コストを抑える

世界中のビジネスパートナーを逃したいイベント主催者はいないだろう。イベントのROIを最大化するために、オフラインとオンラインのイベントを別々に主催する代わりにハイブリッドイベントを進めることが有利である。これにより、過去一度に1つのイベントのみが50%のイベント費用の削減が可能だ。ハイブリッドイベントを通じてより多くの参加者とリードを募集することができます。あなたが必要なのは、物理的な会場と、ハイブリッドイベントソリューションを提供する大手SaaS企業だけです。

参加登録者を増やす

従来とは異なり、世界中の潜在的な参加者へのリーチを拡大できる。モバイルデバイスの使用が日常化された今、イベントデータはマーケティング担当者に新たな機会として役割を果たすことになる。 ハイブリッドイベントは、すべてのリードジェネレーションキャンペーンにとって最高のB2Bチャネルの1つになります。

参加者とのエンゲージメントを高める

イベントのエンゲージメントを簡単に高めます。データと技術が一緒なら、イベントの内容はレベルアップさせる。主催者はリアルタイムで状況を正確に把握し、イベント後にさまざまなエンゲージメントセグメントに割り当てられるフローアップを調整できるため、エンドツーエンドのイベントに変わります。これは、イベントの顧客関係管理(CRM)が将来どのようになるかです。

見込み客のより良いターゲティング

潜在ニーズをを引き出すことは長期間の戦いであり、さまざまなイベントSaaSツールはこの状況を変えていく。ハイブリッドイベントに投資することの利点は、SNSでイベントコンテンツをプッシュできることです。SNSアルゴリズムを介してイベント参加者の友人とフォロワーも見込み顧客になれます。このようになれば、特にホリデーシーズン中に、少ない販売意向でより面白いイベント内容を需要創出のために宣伝できます。

イベントデータとインサイトの透明性を向上

データ分析はイベントマーケティング業界で新たな革新が生まれる重要な要素です。ワールドクラスのイベント主催者としてイベント参加者を追跡することが最優先事項です。参加者のエンゲージメントを最適化するためのそれらの機能は、最新のハイブリッドイベントプラットフォームで強調しているポイントです。イベントを計画している場合、最初に関心すべきことは、参加者数、どこから来たのか、ネットワーキングセッションの長さをどのくらいが適切かである。これらのスケジュール設定は、イベントコンテンツの調整とイベントデータの洞察にも役に立ちます。

ハイブリッドイベントの成功事例

チームクックのAppleの新製品発表イベントに感銘を受けたことがありますか? あるいは、2019年に初めて行われたハイブリッド、TwitchConのリアルタイムストリーミングを覚えていますか? 革新的なイベント技術と確実なイベント管理ツールであれば、どんなクリエイティブなイベントも開催可能。 バーチャルおよびハイブリッドイベントの開催はもはや世界の大企業の限定ではない。バーチャルとハイブリッドイベントの美しさについて詳しく知りたい場合は、こちらをタップしてください

Similar posts

新しいマーケティングインサイトの通知を受ける

B2B SaaSマーケティングの新情報をいち早くお届けし、今日の業界のツールや知識を使ってマーケティング機能を構築したり、洗練させたりします。