2022年のオンラインバーチャルイベントへの究極ガイド

イベントの種類、成功に必要なツール、そして参加者に思い出に残る体験を生み出すものから、バーチャルイベントの開催について知っておくべきことをすべて教えよう。


バーチャルイベントを開催するためのベストプラクティス

昨今の新型コロナウイルスの影響により、イベント等の開催制限が確立されます。幸いなことに、新しいテクノロジーの助けを借り、日本でも多くのイベント、セミナー、展示会がオンライン化されました。ただし、オンラインイベントをうまく開催することは決して簡単な作業ではありません。バーチャルイベントをホストしたい場合、どこから始めればよいですか?どのプラットフォームを使用すればよいですか?どのイベントタイプが最適ですか?心配しないでください、この記事はオンラインイベントの開催方法や成功させるポイントを徹底解説します!

バーチャルイベントとは何?

ウィキペディアによると、バーチャルイベントは、物理的な場所で会議を行うのではなく、Web上の仮想環境で人々が対話するオンラインイベントです。近年、このようなオンラインイベントは徐々に主流のトレンドになっています。Googleのキーワード追跡ツールで、ハイブリッドイベント.バーチャルイベントの検索ボリュームが年々増加する傾向にあることも示しています。

バーチャルイベントを成功させるには、参加者に深い印象を残し、潜在的な顧客を探索するために、参加者が実際にイベントに参加しているように感じさせる必要があります。効果的なイベントプロモーション、魅力的なプレイバック、スムーズなイベント体験はすべて、オンラインイベントの優れた指標です。これらの機能とは別に、バーチャルイベントは視聴者を引き付けることも重要なポイントです。素晴らしいイベント体験が与えられるなら、あなたの会社にかなりの利益をもたらします。

バーチャルイベントが選ばれる理由

対面イベントまたは仮想イベントをホストする必要がありますか? まず、両方も同じ目的を持って、会社を宣伝し、さらに多くの潜在的な顧客を引き付け、ブランドイメージを確立し、そしてより高い収益を得ることにあることを理解する必要があります。

どちらのタイプのイベントにも、それぞれ長所と短所があります。バーチャルイベントの場合、参加者は地理的および時間的な制約を打破することができます。イベントを仮想化することを決定する前に、会社のパフォーマンス、顧客グループ、およびその他のメトリクスを評価して、実際に達成できるかを検討しましょう。

バーチャルイベントとオフラインイベントの計画には、多くの違いはありません。どちらも「どのような活動がより多くの人々を引き付けることができるか」を考える必要があります。 ここでは、コスト、インタラクティブなツール、およびデータの観点から、バーチャルイベントの有効性を分析します。

費用

バーチャルイベントの費用予算は、主にセットアップ、イベント管理プラットフォーム、録音機器、プレゼンテーションスライドなどの準備にかかります。また、事前に録画されたビデオ、ビジュアルデザイン、防音室が必要かどうかなど、イベントのいくつかの要素を考慮する必要があります。同時に、エンゲージメント活動を設計するためには、参加者数の制限を検討するほうがいい。

報告によると、多くのオフラインイベントがオンラインに変換された後、通勤や会場費などの費用を節約し、より多くの利益を与えています。ただし、コストを慎重に計算する必要があります。

参加者の間の交流

新型コロナウイルスは、顧客獲得の方法だけでなく、企業とそのオーディエンスの間のエンゲージメントを変えました。国民が「非接触」という新しい常態に慣れるにつれて、バーチャルイベントは、企業がブランド認知度を高め、新しい顧客を開拓し、ビジネスチャンスを拡大するための鍵になります。

マークウェイド博士はポッドキャストで、オンラインとオフラインの両方のイベントが「エンゲージメントレベル」をさらに推進する必要があると述べました。これを行うには、最初にイベントのタイプを決定する必要があります。ライブストリーミングとポッドキャストのどちらを使用するか、またはYouTubeを使用して、事前に録画されたビデオを再生しますか?繰り返しになりますが、イベントに適したオーディエンスまたは顧客グループをターゲットにする必要があります。最も重要な質問を想像してみましょう。誰があなたの製品に興味を持ちますか? (帽子を買いたい人に靴を売ろうとしないでください。)イベントの目的は何ですか? 新しい顧客を獲得しようとしていますか、それとも顧客との良好な関係を維持するためですか?

データ

データ分析は、オンラインイベントにとって最も重要な戦略の1つです。データ分析を通じて、企業はターゲットオーディエンスを正確に見つけるだけでなく、その後のマーケティングデータを追跡して、激化する競争環境で勝つことができます。

したがって、イベントで収集するデータは多ければ多いほど良い。完全なイベントデータ分析により、ビジネスのニーズと製品の位置付けを正確に把握できます。その情報に基づいて、イベントを最適化と対応するデジタル戦略を計画し、より効果的なコンテンツ管理、ブランド認知度、および顧客ロイヤルティを構築するのに役立ちます。

3種類のバーチャルイベント

オンラインイベントを主催することを確認したら、各イベントの種類を見てみましょう!注意すべき点の1つは、バーチャルまたはオンラインイベントは、オフラインイベントの完全な置き換えではなく、イベント体験の効果を追加、強化、統合、および拡張するための鍵です。

1. Web会議

大規模なバーチャル会議またはオンライン講義では、基調講演、セッション、およびグループディスカッションを含む議題を中心に確立されます。イベントには色々なセッションがあり、参加者はいつでも講演を視聴して、興味のあるトピックを見つけることができます。スピーカーと出席者の両方が参加できるインタラクティブなツールが組み込まれていて、リアルタイムに話し合うこともできます。

2. ウェビナー

ウェビナーでは、聴衆はいつでもどこでも自由に参加できます。予算が限られている場合は、無料で利用可能なウェビナーツールを試してみましょう。仮想会議室としての基本機能を提供し、より多くの参加者が許可されます。

有料機能にアップグレードして、より多くのユーザーを登録してもらい、カスタマイズされたWebページ、融通のきくイベント管理システムを構築し、PayPal、Visa、MasterCard、WeChat Pay、Alipayなどのサードパーティの支払いシステムをインポートする。
これらの有料機能では、Q&A、ビデオ録画、事前録画プレゼンテーションなどの機能も含まれて、出席者とのやり取りを増やすこともできます。ウェビナーは︎想像以上に楽しい!

3. ハイブリッドイベント

近年のイベントマーケティングトレンドであるハイブリッドイベントは、一部は対面で、一部はバーチャルです。 ハイブリッドイベントのほとんどは、同じ場所に広範囲の従業員を集めることが難しいため、大手企業や多国籍企業で使用されています。 これとは別に、ハイブリッドイベントは、すべてのゲストが直接参加できるわけではない会議にも適用できます。対面イベントにバーチャル要素を注入すると、地理的な制限なしにさらに目標を達成するのに役立ちます。

イベント管理プラットフォームの基本的な機能は何ですか?

バーチャルイベントは、多様なテクノロジー、コンテンツ、イベント内の交流、およびデータを中心に構築されています。参加者はウェビナーに参加するためにコンピューターまたはモバイルデバイスを必要とします。だから、バーチャルプラットフォームとその安定性は非常に重要です。以下にいくつかの基本的なバーチャルイベントラットフォームの機能を紹介します。

イベント ランディングページ

イベント登録フォームと呼ばれるイベントランディングページは、データ収集のための最初のツールであり、潜在的な参加者に第一印象を与えます。適切に設計されたランディングページは、出席者に良い印象を与えるだけでなく、潜在的な顧客を引き付けてサインアップします。参加者の個人データや支払い情報を収集するためにも使用できます。

優れたランディングページは参加者が簡単に登録できるようにする必要があります。データ収集機能を十分に活用するために、入力プロセスが煩雑にならない方がいいです。ただし、一部の無料ウェビナーツールでは、ランディングページをカスタマイズする機能がありません。状況に応じてプランをアップグレードすることがおすすめです。

エンゲージメント

このようにして、参加者は画面の前に何時間も座る代わりにイベントに参加できます。
オンラインイベントが人々の交流を抑えていると思うなら、あなたは間違っています! 適切なオンラインインタラクティブツールを通じて、参加者は互いに名刺を交換したり、連絡先を取りたりするだけでなく、1対1の会話やリアルタイムのQ&Aを行うこともできます。このようにして、参加者は何時間も画面の前に座る代わりに、没入型のイベントに体験できます。また、会社でより多くの話題を構築し、ブランドのイメージを向上させるのにも役立ちます。

リアルタイム

オンラインイベント中、参加者はオフラインイベントのように手を上げることはできません。 そのため、オンラインの講演や会議にリアルタイムのQ&Aセッションや投票を追加すると、参加者間のやり取りを向上できます。 組み込みのチャットルームをを通じて、参加者はオンラインで対話し、独自の興味グループを構築できます。LINE、InstagramとFaceBookを使用して、イベント中の写真をタグを付けたり、アップロードしたりできるようにすることもできます。

ソーシャルラウンジ

直接会わなくても、名刺を交換したり、オンラインでネットワークを広げたりできます。組み込みのアプリを使用して、携帯電話で他の参加者にメッセージを送信しましょう。友達としてお互いファーロすると、1対1の会話や集まりを行うことができます。 また、参加者の登録情報を使用して、参加者をさまざまなグループに割り当て、専用のチャットルームやフォーラムを構築することもできます。参加者をさらに引き付けるには、ビデオコール、チャットルーム、ソーシャルラウンジの機能も、お互いにコミュニケーションを取り合うための優れた方法です。

イベントフィードバック

イベント後のフィードバックを整理して分析することは非常に重要な一歩です。 イベント主催者にとって、これらのデータはイベント全体のパフォーマンスを評価するための鍵であるだけでなく、潜在的な顧客を探索できることでもあります。これは、オフラインイベントとは最も異なる点です。オンラインイベントの準備から終了まで、主催者は継続的にさまざまなフィードバックを収集して、ターゲット顧客を見つけ、コンバージョン率を向上させる必要があります。これらのデータを使用して、次のオンラインイベントの品質を最適化することもできます。

EventX:オールインワンのイベント管理ソフトウェア

EventXは、アジアを代表するオンラインイベント管理プラットフォームの1つであり、ワンストップのイベント管理ソリューションを提供することを目的としています。インタラクティブなバーチャル展示ホール、オンラインチェックインフォーム、ウェビナーなどの革新的な機能を通じて、企業が多様で無制限のオンラインイベントを開催できるよう支援します。そして参加者を追跡および理解するために、全面的なレポートとデータ分析が提供されます。

EventXを使用してストリーミング配信する場合、参加者はイベントをホストするために追加のソフトウェアをインストールする必要はありません。主催者がZoomを使用しでも、シンプルでZoomのイベントリンクをEventXプラットフォームにインポートできます。EventXを活用して、絵文字の送信、リモート会議の実施、Q&Aのや投票はかつてないほど簡単になりました。数人から数千人まで、ソーシャルラウンジを設定して、参加者との交流を始めましょう。

実生活と同じように、ルームに自由に出入りしたり、他の参加者と1対1で会話したり、名刺を交換したり、仮想空間で連絡を取り合ったりすることができます。そしてこれは、チケットシステム、自動化された1対1のマッチング、および複数のライブストリーミングを同時に備えていないZoomとはまったく異なります。

現在135か国以上にサービスを提供し、500万人以上の参加者がいる20,000以上のイベントを開催しております。EventXは、企業がリードを拡大するための最良のエンドツーエンドイベント管理プラットフォームとなっています。

お問い合わせやご相談は今すぐ!お気軽にご連絡ください

 

Similar posts

新しいマーケティングインサイトの通知を受ける

B2B SaaSマーケティングの新情報をいち早くお届けし、今日の業界のツールや知識を使ってマーケティング機能を構築したり、洗練させたりします。